臼の修理




餅つきうさぎです


秋雨の一日になりました
午前中、お昼頃には雷が響き
突然のゲリラ雷雨
夏と秋が混ざったような天気でした

さて、工場では臼の修理に励む戌年主人。
送られてくる臼の外側、内側、底穴、厚み。
まんべんなく見て。
どんな修理方法が適切か考えに考えて。
臼の製作と同じくらい緊張しながらの作業が続きます





本日も各種お問い合わせ頂き有難うございます。







埼玉県秩父の材木屋・三喜木材です。
昔ながらの木の餅つき臼杵を製造販売しています。

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問有難うございます。
秩父市ホームページ↓
リンク
カテゴリー
記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる